元々は杉並の大西医院

杉並区の桃井と言う所で昭和29年に開業の大西医院が元です。父は外科、耳鼻咽喉科でした。私の虫垂炎は自宅の手術室で父と荻窪病院からの応援の先生と看護婦さん達で行いました。小学校6年生の時でした。扁桃腺も編摘を父が行いました。小学校の1年生の時でした。父は周辺の小中学校の耳鼻科の学校医を長らく行っていました。体格検査の耳鼻科の時にはいつも父が来るので恥ずかしかったのを覚えています。祖母が私の高校生の時に脳梗塞で寝たきりになり、当時自宅で母と家政婦協会からの派遣のヘルパーさんで介護を10年間もしました。その経験から父が旧狭山博愛病院を設立しました。狭山博愛病院は31年間老人医療にたずさわりましたが、介護療養型医療施設は廃止ということになっていましたので、平成25年8月に介護療養型老人保健施設の狭山博愛に転換いたしました。